認定更新のお知らせ

今年度は、第3期生(2017.4.1~2023.3.31)延長第2期生(2016.4.1~2023.3.31)の認定更新です。
案内に従い必要書類をご用意頂き、期日内(7/1~7/16)までにご提出下さい。
※第3期生の方で延長される方は「認定延長申請書」を12月1日以降にご郵送下さい。
※第2期生延長された方は、今回は延長できませんのでご注意下さい。

認定更新書類ダウンロード(Word) ※(様式1)申請書はダウンロードできません。
(様式2)取得研修単位一覧
(様式3)イベント参加・ボランティア参加記録一覧
(様式4)認定延長申請書
 

  

更新時期

更新の手続きは、認定期間(認定証に記載されている5年間)の5年目に行う。
・更新申請は、5年目の7月に行う。再審査が認められた場合のみ、再申請を12月に行う。
・認定延長申請は、5年目の12月に行う。
必要な資料(研修会・イベント参加証、ボランティア参加証明書等)は更新手続きまで大切に保管する。

更新の条件

宮崎県糖尿病協会(はまゆう会)の会員であること。(年会費あり)
※2年間会費未納の場合、認定資格失効する。
※本部会員は宮崎県糖尿病協会友の会(宮崎CDELはまゆう会)に入会すること。※年会費有
認定期間5年間のうちに、認定更新のために必要な研修単位合計25単位以上(うち5単位は宮崎地域糖尿病療養指導士認定機構が認定する必須研修会)を取得していること。
以下のいずれかの活動に5年間に2回以上参加者として参加していること。
・ウォークラリー、糖尿病講習会等(事前に認定機構HPにて募集、申込必要)※参加証あり
・地域で開催する野外活動(事前に認定機構HPにて募集、申込必要)※参加証あり
・所属施設で実施する糖尿病教室や糖尿病に関連した教室、患者会活動等(事前申請は不要)
 但し、参加証明書は所属長の許可署名が必要、様式はホームページよりダウンロード可
認定期間5年間のうちに1回以上は宮崎県糖尿病協会が主催共催するイベント活動(ウォークラリー、糖尿病講習会、小児糖尿病サマーキャンプ、無料検診)にボランティアスタッフとして参加していること。
なお、ボランティアスタッフ募集案内は事前に認定機構HPに掲載、事前申込が必要。ボランティアスタッフとして参加後、「ボランティア参加証明書」を宮崎県糖尿病協会が発行する。
宮崎県糖尿病協会機関紙「はまゆう」、宮崎県糖尿病療養指導士会会報の寄稿も同様とする。
日本糖尿病療養指導士・糖尿病看護認定看護師の有資格者は、①③④を満たしていれば②は必要としない。但し、宮崎地域糖尿病療養指導士認定機構が認定する「必須研修会(5単位)」は必ず受講する。

単位取得の方法

更新単位一覧

認定延長について

特別な事情にて更新が不可能な場合は、その理由を証明する書類を更新時に提出し、認定期間延長の申請ができる。
延長期間は1年間とする。特別な事情とは、①出産・育児・介護休暇 ②病気などによる休職 ③海外ボランティア ④転勤 ⑤長期出張 等である。

登録変更について

自宅住所・電話番号・氏名・勤務先等変更がありましたら必ず「登録変更届(様式は認定機構HPよりダウンロード)」に変更箇所をご記入頂き、FAXまたは郵送でお送り頂くか、EメールまたはLINEトークにて認定機構事務局まで変更箇所をお知らせ下さい。

お問い合わせ先: 宮崎地域糖尿病療養指導士認定機構 事務局
住所: 〒880-0034 宮崎市矢の先町150-1
  平和台病院1階 宮崎県糖尿病協会内
E-mail: cdel_miyazaki@yahoo.co.jp
電話番号: (0985)22-8015
ページのトップへ戻る